【ワイナリーの四季】可愛らしい雰囲気が女子におすすめ!ルール解説&レビュー

Board game
スポンサーリンク

今夫婦でドハマりしている『ワイナリーの四季 ヴィチカルチャー』をご紹介します。

ワイナリーを経営するゲームですが、コンポーネント(アイテム類)が可愛くて、牧歌的な雰囲気がとても気に入っています!

せっせとブドウの樹植えて収穫し、醸造してワインを造るのですが、単調なゲームではありません。

ワイナリーを手伝ってくれる訪問者やその他カードの引きによってガラッと変わり、ゲームの面白さがグッと増します。

プレイ時間も45~90分とそこそこ長く、ルールも少し複雑なので、ゆっくり時間の取れる週末や長期休みにおすすめです。

スポンサーリンク

『ワイナリーの四季』ってどんなゲーム?

プレイ人数:1~6人
対象年齢:13歳以上
プレイ時間45~90分

両親から相続した古びれたワイナリーを再興する経営戦略ボードゲームです。

四季を通じて、ブドウの樹を植え、畑を管理し、収穫をします。

収穫したブドウを醸造し、熟成させてワイン造り、出荷をさせることで少しずつ収入と名声を獲得していき、名声ポイント(勝利ポイント:VP)が20VP獲得することを目指します。

中量級のボードゲームで、初回はルールが難しく感じるかもしれません。

しかし、流れさえ掴めばやることは難しくないので、何回かプレイすれば十分理解できます!

ボードゲームに少し慣れてきた方が、中、重量級のボードゲームを初めてプレイするにはもってこいのゲームかと思います。

今回はできる限りシンプルに全体の流れをご紹介します。

こまる
こまる

面白そうだなと感じた方は、是非実際にプレイしながら詳細なルールを確認してみてくださいね。

ゲームに使う物の紹介

みんなで共有のゲーム盤と、各プレイヤー1つずつのワイナリーボードを使用します。
プレイヤーによって色が異なります。このコマも可愛いです♡

『ワイナリーの四季』のルール

ゲームの流れ

ゲームは春、夏、秋、冬、年末の5つのフェーズに分かれます。

プレイの順番を決めるフェーズです。

親をランダムに決め、親から時計回りの順で起床計画表の空いている段に自分のニワトリコマを置きます。

1~7まであり、春以降、年末までこの数字の順番で手番を実行します。

ニワトリコマを配置したら、数字に対応するボーナスを受け取ることができます。

こまる
こまる

ニワトリは、自分のワイナリーの労働者の勤務開始時間を示しています。「1」が最も早く「7」が最も遅いです。つまり春は朝どれだけ早く労働者を働かせるか、1年間の方針を決めるフェーズです。

ブドウの樹を購入したり、植えたりするフェーズです。

春に決めた順番で手番を実行します。

自分がやりたいことのアクションゾーンに労働者コマを置きます。

基本的には、②ブドウの樹を購入→⑤植樹を行います。

ただしブドウの樹によっては植樹するために新しい施設が必要な場合があるため、④建設をしたり、その建設のために費用を稼ぐために③観光客アクション⑥ブドウ販売/畑販売をしたりするイメージになります。

秋はワイナリーの経営を手伝う「訪問者カード」を獲得するフェーズです。

春で決めた順に、夏季訪問者カード(黄)もしくは冬季訪問者カード(青)から1枚引いて手札に加えます。

これらのカードはそれぞれの季節でアクションゾーンに労働者を配置することで使用できます。

ブドウの熟成、収穫、出荷などができるフェーズです。

春に決めた順番で手番を実行します。

冬には以下のアクションゾーンがあり、自分がやりたいことのアクションゾーンに労働者コマを置きます。

基本的には②ブドウを収穫⑤醸造⑥出荷を行います。

出荷のために①受注でカードを引いたり、来年の労働者を増やすために③労働者訓練をしたりするイメージです。

年末

年末フェーズは来年に向けた準備を行います。

ブドウとワインを熟成(価値をup)させ、労働者コマを回収します。

既にワインを出荷し、名声を得ている場合は追加収入なども受け取り、手札が7枚を超える7枚になるまでカードを捨てます。

労働者コマと親方コマ

アクションを実行する時は労働者コマをアクションエリアに配置します。

この労働者コマはアクションエリアが空いているところにしか置くことはできません

他のプレイヤーに先を越されてしまうと、そのアクションを実行できなくなります。

だからこそ、春フェーズの起床計画表の順番は大切です。

しかし、親方コマを使用すれば、アクションエリアに空きがなくても置くことができます

下の図は2人プレイの時の親方コマの使用例です。

黄色の○にアクションコマを配置します。プレイヤーの人数によって使用できる○は異なり、例えば2人プレイの場合は1番左の○しか使えません。

どうしてもそのアクションを実行したいのに空いていない…!という時に頼りになるのが親方です。

こまる
こまる

親方コマを有効に使えるかがポイントですね!

訪問者の爆発力

夏季と冬季にはそれぞれ訪問者によるアクションを実行することができます。

この訪問者がゲームバランスをぶっ壊す可能性を秘めています(笑)

カードによっては地道にワイナリーを経営することが馬鹿らしく思える程の強いものもあり、楽々と施設が建設出来たり、収入を得たり、勝利ポイントを獲得して一発逆転したり、という展開が生まれます。

一見地道で牧歌的なゲームに思えますが、訪問者カード引き運が加わることで刺激的でドラマチックなゲーム展開になります。

こまる
こまる

「それはずるくない!?」と言いたくなるような訪問者が現れることもあり、盛り上がるポイントになっています。

遊んでみた感想

とても面白くて、最近はコレばっかり遊んでいます(笑)

何が面白いって、ただ地道にワイナリーを経営していくのも楽しいのですが、訪問者カードの爆発力により展開が読めないところが何度もやりたくなります!

強い訪問者を味方につけて一発逆転したときは気持ちが良いですし、いきなりまくられた相手もあまりの展開に大爆笑していました。

運の要素もかなり影響するので、ボドゲ初心者の私でも旦那(ボドゲ好き)に勝てます!(笑)

ルールに関しては、やることが多いので最初は難しいと感じましたが、全体の流れがわかればやっていること一つ一つは簡単なので安心してください。

また、コンポーネント(アイテム類)が可愛いく牧歌的な雰囲気もとても気に入っています。

触っているだけで楽しくなるゲームで、女子ウケ◎です。

こまる
こまる

ワインを片手に『ワイナリーの四季』を楽しむのもおすすめです!

ぜひ遊んでみてください🐣

コメント

タイトルとURLをコピーしました