【おばけキャッチ】最大8人まで!子供も大人も楽しめる反射神経ゲーム!ボードゲーム紹介

Board game
スポンサーリンク

反射神経が試される『おばけキャッチ』を紹介します!

ルールはとても簡単頭の柔らかさや瞬発力が必要なゲームですので、子供と大人が一緒に楽しめる点が魅力です!

ルールと遊んでみた感想を載せていますのでぜひご覧ください。

スポンサーリンク

『おばけキャッチ』ってどんなゲーム?

プレイ人数:2~8人
対象年齢:8歳以上
プレイ時間20~30分

写真カードに対応するコマを素早くキャッチする反射神経が試されるゲームです。

使用するものは5種類のコマと写真カードだけです!

『おばけキャッチ』のルール

ゲームの流れ

写真カードをシャッフルして裏向きにし山札とします。

全員から取りやすい位置に5つのコマを並べます。

全員に見えるように山札からカードを1枚めくり、そのカードに対応するコマを1番早くキャッチした人がカードを獲得します。

勝利条件:山札が全て無くなった時に1番多くカードを獲得した人の勝ちです。

「対応するコマ」とは以下の2パターンに分かれています。

正しい色で写っているものがある場合

カードに正しい色で写っているものがある場合は、写っているものと同じコマをキャッチします。

正しい色で写っているものがない場合

カードに正しい色で写っているものがない場合は、色も写真も写っていないコマをキャッチします。

お手付きをしてしまったら?

間違ったコマをキャッチしてしまった場合はお手付きとなり、自分が獲得したカードから1枚を正しいコマをキャッチしたプレイヤーに渡します。

こまる
こまる

お手付きをしたら獲得したカードを失ってしまうので要注意です!

おばけキャッチ シリーズ

おばけキャッチには他にもシリーズがあります。

一部海外品で表記が英語ですが、基本的なルールは同じです。

おばけキャッチ ジュニア

コマの数が5つから4つに減りより簡単になっています。

対象年齢は4歳以上です。

「正しい色で写っているものがある場合、それをキャッチする」というルールのみになっています。

小さいお子さんにはこちらがおすすめです!

おばけキャッチ 2

おばけキャッチの姉妹品です。

おばけキャッチと両方一緒にして遊ぶこともできますし、単体で遊ぶこともできます。

両方混ぜて遊ぶことにより上級者向けのゲームになります。

コマは「おばけ・バスタブ・ブラシ・タオル・カエル」の5種類です。

おばけキャッチ 名人技

おばけキャッチの上級バージョンです。

コマの数が5つから9つに増えてより複雑になっています。

また基本的なルールに加えて、もしオバケと時計の両方が描かれていたら、何もつかまず時計が示す時間を最初に宣言する、というルールが追加されています。

そのほか3種類のバリエーションルールを追加することができます。

●鏡に何か写っている場合は、鏡に写っているものをつかむ
●フクロウの描かれている場合は、正解のコマを掴まずに、そのコマの名称を叫ぶ
●フクロウと鏡の両方が描かれている場合は、鏡に写っている物の色を叫ぶ

難易度がグッと上がって大人向けになっています!

こまる
こまる

我こそは名人だと思う方、ぜひ挑戦してみてください。

遊んでみた感想

なかなか難しくてやり応えがありました!

パッと見てすぐに正解が浮かばないんですよね(笑)

頭が硬くなっているので頭の体操にもなりそうだな~と感じました。

反射神経の良い人に一瞬で取られてしまったり、つられてお手付きをしてしまったりと、ワンアクションごとに笑いが生まれて面白かったです。

反射神経、瞬発力、頭の柔らかさが大事になりますので、もしかしたら子供の方が強いかもしれません。

大人と子供が対等に遊べるゲームとしてはかなりおすすめです。

また、見て→考えて→取る という一連の動作はシニア世代の方の認知症予防にも最適だと思います。

最大8人までプレイできるので、大人数で集まる機会にもおすすめです。

ぜひ遊んでみてください🐣

コメント

タイトルとURLをコピーしました