味噌汁は高血圧を予防する!?

Food & Health
スポンサーリンク

みなさん味噌汁は好きですか?

わたしは大好きです。ほぼ毎日味噌汁を飲みます。

でもひとつ、気になることがあります。それは塩分です。

高血圧を予防するためにも、塩分の過剰摂取に気を付けましょうというのはよく聞く話です。
そのため、味噌汁を避けている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

味噌汁は控えるべきなのでしょうか。
わたしのお気に入りの本から、私自身の考えも含めてその見解をご紹介します。

スポンサーリンク

食事のせいで、死なないために 食材別編

今回参考にした著書ですが、医学博士のマイケル・グレガー著の『食事のせいで、死なないために 食材別編』です。

この著書については、かなりおすすめなので、また別の記事で詳しく紹介したいと思っています。

食材別編と病気別編があります。

この本を読むか、読まないか、でその後の人生が変わってくると言っても過言ではないと思いますので、気になる方は是非読んでみてください。



胃がんとの関係

塩分を控えるべき理由は主にふたつあります。そのひとつが胃がんを防ぐためです。塩分の過剰摂取による胃がんのリスクは、喫煙や過剰飲酒によるリスクと同じ程度だそうです。

塩分と香辛料の効いたキムチをよく食べる韓国は、胃がんの罹患率が最も高く、塩分の過剰摂取との関係性が疑われています。

味噌も同じように塩分の高い食品ですが、味噌は胃がんのリスク上昇にはつながらないことがわかったそうです。

これは大豆の抗発がん作用によるものです。
豆腐(味噌と同じ大豆製品)の摂取には胃がんのリスクを低減させることがわかっています。

つまり、塩の発がん作用が、大豆の抗がん作用によって中和されるようなのです。

さらに、味噌汁には胃がんの予防効果のあるアリウム属(ネギ属)の野菜(長ネギや玉ねぎ)が加えられることが多いため、より抗がん作用が高くなると考えられます。

高血圧との関係

では高血圧との関係はどうでしょうか。

これも同じで、味噌に含まれる塩分は血圧を上げる一方で、大豆たんぱく質には血圧を下げる効果があります。

豆乳とスキムミルクの効果を比較すると、豆乳はスキムミルクに比べて、血圧を下げる効果が9倍も高いことも研究から明らかになっています。

さらに日本の研究者たちにより行われた研究がひとつ紹介されています。

対象:正常血圧を示した60代の男女

調査方法:無作為に2つのグループに分け、4年以上にわたって追跡調査を実施。

     グループ①味噌汁1日1杯以下を摂取

     グループ②味噌汁1日2杯以上を摂取

どちらが高血圧と診断される確率が高かったでしょうか。

結果は『1日2杯以上味噌汁を摂取した人たち、高血圧になるリスク5倍低くなった』ことが明らかになりました。

単純に考えると、味噌汁2杯以上摂取したグループの方が、塩分摂取も多くなっているはずです。しかし高血圧になるリスクはむしろ下がっていました。

これが大豆たんぱく質による血圧降下作用であり、塩分による血圧上昇作用を上回るパワーをもつと考えられています。

結論:味噌汁には高血圧の予防効果がある!

確かに塩分には血圧を上げる作用がありますが、大豆のパワーはそれを上回るほど、血圧を下げる作用が強いようです。

とは言え、味噌汁を作る際はあまり濃い味にならないようにすることも大切です。

味覚は『慣れる』ものなので、味の濃いものばかり食べていると薄味で満足できず、全体的に塩分の摂取が増加してしまうからです。

味噌汁を作る際のポイントは、

・だしを活用

・野菜などの具をたくさん入れる

だしはお気に入りのものであれば何でもOKです。

具もお好みでOKですが、できるだけたくさん入れるようにしましょう。そうすることで野菜からうま味が出て美味しくなるだけでなく、野菜の摂取も増え一石二鳥です。

外食やインスタントの味噌汁の具は少なすぎると思って良いと思います。
我が家では、もはや野菜の味噌煮なんじゃないか・・・・・。と思うほど野菜を入れています。

こうすると全体的な水分量が減るので、味噌の量を減らすことができます。

いつもの味噌汁とは一味違う♪味噌汁に加えると美味しいもの

たまにはいつもと違う味噌汁にしたい!とか、簡単にアレンジしたい!という方はキムチや豆乳を加えることをおすすめします。

これらを加えると風味がアップしたり、まろやかさが出たりして、味噌の量をいつもより減らしても美味しくいただけます。

具材はお好みのものを合わせていただき、普段の作り方とほぼ変わらず最後に加えればOK!

ぜひお試しください。

【キムチ入り味噌汁】

☆作り方
 ①具材を好きな大きさに切り、固い順に鍋に入れてだし汁で煮る。
 ②具に火が通ったら、火を止め、キムチとごまを加える。
 ③味噌を溶き入れる。

☆材料
 具材、量はお好みでOKです。おすすめは人参、ごぼう、干し椎茸、大根、こんにゃく、えのき、にらなどです。

キムチ、味噌、ごまはとても相性が良いです。キムチの塩分があるので、味噌はいつもより少なめに入れて、味を調整してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました