実家で大ブーム!父母の認知症予防にも!?【街コロ】

Board game
スポンサーリンク

夏休みやお盆の季節になりました。

私も一足早く実家に帰省し、久しぶりに両親や妹と一緒に過ごしました。

皆さんは実家に帰省して何をしていますか?

実家って意外とやることなくて、ゴロゴロ、だらだらしがちですよね(笑)

こまる
こまる

それが実家の魅力だよ~

でも今回はボードゲームを持って帰って一緒にやってみました!

友達とやって楽しかった『街コロ』、ルールも簡単だしこれなら家族でもできるかなと思いやってみたのですが、これが大正解でした!

『街コロ』の偉大さを改めて感じたのでご紹介します。

『街コロ』について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。ボードゲーム初心者におすすめ【街コロ】

スポンサーリンク

ゲームに参加してくれない母

父(60代)や妹(20代)はそれなりに説明すればやってくれるのですが、我が家の問題は母(60代)でした。

ゲームなんて無縁の人生ですし、もともと考えることがあまり好きではない母。

実家に帰省して暇な私はゲームなど色々なことに誘ってきたのですが、「お母さんは見てるよ~。」ばかりで全然参加してくれなかったのです。

参加してくれても1回終わると「じゃあ洗濯しないと。」「料理しないと。」と逃げられてきました。

今回も誘ったとき「お母さんは見てるよ~。」と言われたのですが、強引にやらせました。

ルールの理解度で差が付きにくい『街コロ』

まず簡単にルールを説明し、テストプレイを1回してもらいます。

プレイの中で判断に迷うタイミングで考え方を伝えたりしましたが、基本的に本人のやりたいようにやってもらいました。

父と妹はテストプレイでルールのほとんどを理解したようでしたが、母は「う~ん」という感じ。

こまる
こまる

これはいつものように逃げられてしまうか…

とりあえず本番プレイをしよう!ということで2回目にトライです。

2回目、明らかにルールへの理解度に差があったのですが、母も含めてみんながなかなかいい勝負をしました!

これが『街コロ』の偉大なところだと思います。

サイコロの出目次第な部分が大きいので、運の要素もそれなりに強く「理解している人ほど強い」といった状況になりにくいです。

母もそれなりに上手くできちゃったものですから、「もう1回やってみる!」とのお言葉をいただきました!

やりました!『街コロ』バンザイ🙌

戦略を考えることで認知症予防に!?

ボードゲームで認知症予防に!?

そこから何回かプレイしたのですが、見ている感じどうやら母は戦略を立てているようなのです。

こまる
こまる

あの母が、考えながらゲームをしている…!

これは驚きでした。

ボードゲームは手と頭を同時に動かしながら複数のことを考える必要があり、また他者とのコミュニケーションをとることで脳へ刺激が伝わるので、認知症予防に効果的と考えられているそうです。

確かに、『街コロ』は運の要素が強いながらも、

サイコロ1個振りで攻めるか、2個振りで攻めるか、

何かの施設に特化して集めて一発逆転を狙うか、幅広く出目をカバーした街にするか、

相手からコインを徴収したり、邪魔をしたりするプレイをするか、

など戦略を立てることができます。

これといった趣味もなく、お家でゴロゴロ過ごすのが大好きな母は認知症まっしぐらなのではないかと心配していたので、楽しそうに『街コロ』をやってくれて本当に嬉しかったです。

お盆に夏休みに!家族でぜひプレイしてほしい『街コロ』

結局『街コロ』は、私が戻った後購入し家族で遊ぶほどの大ブームを巻き起こしました

ルールが簡単でわかりやすい!誰とでも遊べる!ことが魅力だと知っていましたが、まさかここまでとは…。

改めて『街コロの偉大さを感じました!

実家に帰省したり、家族みんなで集まったりする機会がある方、ぜひ『街コロ』を楽しんで有意義な家族時間を過ごしてください!

高齢のご両親がいらっしゃる方、ぜひボードゲーム薦めてみてくださいね。

何を薦めたらいいかわからない方!『街コロ』かなりおすすめです!

こまる
こまる

両親にプレゼントするのも良いかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました