気になるボードゲーム6選

Board game
スポンサーリンク

最近気になっているボードゲーム6つを紹介します。

購入を検討中ですので、実際にプレイしたらレビューしたいと思います!

※実際に購入したものを追記しました。6つ中4つを購入しています。レビュー記事もリンク貼っているのでぜひご覧ください。(2022.9.25追記)

スポンサーリンク

ラブレター

2012年日本ボードゲーム大賞で大賞受賞、2013年ゴールデンギーク賞で4部門同時受賞という快挙を達成したボードゲームです。

とある小さな王国の美しい姫に恋をした若者(プレイヤー)たちが、姫の心を射止めるべく城に仕えるさまざまな者たちの協力を得て、姫に恋文(ラブレター)を渡すために奮闘する、という設定です。

「シンプルなルール」「短時間プレイ」といった特徴から『ラブレター』ははじめて遊ぶボードゲームとしてもおすすめされています。

※ラブレター購入しました!短時間で遊べてすごくシンプルなのにめちゃくちゃ面白くておすすめです!ルール簡単!なのに奥が深い!心理戦ゲーム【ラブレター】(2022.8.15追記)

宝石の煌めき

超有名ボードゲームですね。

ボードゲーム人気ランキングにいつもランクインしているイメージです。

面白いと話題なのでぜひやってみたいです。

※宝石の煌めき購入しました!ルールがシンプルなので初心者さんにもとっつきやすいです!宝石を使って成り上がろう!【宝石の煌めき】(2022.9.25追記)

パンデミック

ウィルスの感染拡大を食い止める協力型ゲームです。

個人的に協力型ゲームは大好きなので興味があります。

ミクロマクロクライムシティ

これはカップル、夫婦におすすめされていたボードゲームです。

大判のマップの中から、犯行現場、被害者、犯人、動機などを探し出して事件を解決する、
今までにないタイプの協力型の探偵ゲームだそうです。

謎解きが好きなので、こういった設定惹かれます…!

エバーデール

世界観が可愛くてやってみたいと思ったボードゲームです。

森の動物たちの文明が花開くエバーデール谷で、新しい街を開拓するゲームです。

今なかなか手に入りづらいらしくて、お値段も高いので購入を悩んでいます。

アークライト ウイングスパン

2019年ドイツ年間ゲーム大賞エキスパート部門大賞受賞作品です。
美しいイラストで遊ぶ、鳥集めをテーマにしたボードゲーム『ウイングスパン』の日本語版。

プレイヤーは研究者、野鳥観察者、鳥類学者といった鳥類愛好家となり、自身の管理する鳥獣保護区に鳥を呼び寄せ、多くの種を見つける、というゲームです。

鳥の生息地や生態のことが詳細に書かれていて、まるで図鑑のよう!という口コミもあり、勉強にもなるんじゃないかと期待しています。

※ウイングスパン購入しました!とにかくデザインが美しく、鳥集めが楽しいです!ゲーム展開も穏やかなので女性や、夫婦、カップルなどにおすすめです。可愛い鳥たちを集めよう!【ウイングスパン】(2022.8.15追記)

まとめ

調べてみるとまだまだ知らないボードゲームがたくさんあるんだな~と感じます。

色々なボードゲームで遊んでみたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました