嘘を見抜け!【ごきぶりポーカー】

Board game
スポンサーリンク

ごきぶりやハエなどの害虫カードを押し付け合う、『ごきぶりポーカー』を紹介します。

なんだか変わった雰囲気のボードゲームですが、2004年アラカルト・カードゲーム賞1位、2004年ドイツゲーム大賞準候補、その他にもフランスやチェコのゲーム大賞にノミネートされるなど、想像以上に輝かしい功績をもつゲームです。

ルールは簡単ですが、相手との心理戦なので奥が深く、ハラハラドキドキで盛り上がれる<ブラフ系>ゲームです!

こまる
こまる

私は名前も聞きたくないほど”ヤツ(G)”が嫌いなので、このゲームができるか心配でしたが、イラストも絶妙で全然気にならず遊べました!

スポンサーリンク

<ブラフ系>のゲームって?

『ごきぶりポーカー』のようなゲームを<ブラフ系>のゲームというそうです。

<ブラフ>とは<虚勢>や<はったり>という意味の英語です。

つまり「プレイヤーたちが嘘やはったりを使って騙し合うゲーム」というようなイメージです!

<ブラフ系>のゲームの代表格とも言えるのが、この『ごきぶりポーカー』です。

『ごきぶりポーカー』のルール

プレイ人数:2~6人
プレイ時間:20分
対象年齢:8歳~

“ポーカー”といいつつも、本来の”ポーカー”とは違ってルールは簡単です。

ハエやクモ・ごきぶりといった嫌われ者の害虫カードを、裏向きで誰かに押し付けるように次々回していき、同じカードが4枚集まってしまった人が負け、というゲームです。

カードはコウモリ、ハエ、ねずみ、サソリ、ごきぶり、カエル、クモ、カメムシの8種類です。

ゲームの簡単な流れ

使用するカードは全部で8種類×8枚。これを各プレイヤーにすべて分けます。

最初のプレイヤーは手札から好きなカードを1枚選び、誰か1人の前にカードを裏にして宣言します。
本当のことを言っても良いですし、嘘を言っても良いです。

こまる
こまる

これは<ごきぶり>です。(本当はねずみだけどね♡)

指名されたプレイヤーはそれが本当に<ごきぶり>か、はたまた違うカードか、考え宣言します。

「これは<ごきぶり>です。」
「これは<ごきぶり>ではありません。」

宣言はこの2択となります。

間違えてしまったらそのカードを引き取らなければなりません。
当てることができれば、そのカードは出した人が引き取ります。

引き取ったカードは表にして自分の前に並べます。

これを繰り返していき、同じ種類のカードを4枚集めてしまった人の負けです。

こんなところが魅力!

魅力①:宣言するときのドキドキハラハラ感がアツイ!

選択肢は真実か嘘かの2択しかありませんが、宣言するときは自分でも他の人でもとてもドキドキします!

宣言するまでの緊張感は絶妙です。

あと1枚で負けてしまう…

こんな状況であれば特にみんなの緊張も高まり、正解したときも外れたときも、その結果に大盛り上がりしながらプレイできます。

こまる
こまる

始めルールを聞いたときはこんなに盛り上がるとは思いませんでした(笑)

心理戦なので裏の裏をかきあうのが面白かったです。

魅力②:ルールが簡単!直感でやっても楽しめる!

ルールがとても簡単なので、初見でもすぐにプレイできます。

今の状況や場に出ているカードの種類と枚数などから、相手の心理を考える、というような楽しみ方もできますが、あまり深く考えず直感でやっても楽しいです!

むしろ流れがきている!と感じるときは、直感でバンバン答えていっても意外とうまくいく気がします。

魅力③:相手の性格や考え方を知れる!

繰り返しプレイしていくと、その人の性格や考え方がなんとなくわかってきます。

「ピンチに追い込まれたときこそ、大胆なプレイをする人だな~」とか、

「相手の読みを逆手に取るような考え方ができる人だな~」とか。

負けてばかりの人を見ていて、「この人すごく素直だな~」とほのぼのすることも(笑)

相手の本性が見えるのが、<ブラフ系>のゲームの面白いところかもしれませんね。

まとめ

『ごきぶりポーカー』はルールは簡単だけど、相手との心理戦で意外と盛り上がるブラフ系ゲームです。

相手の意外な一面も見れるかもしれません(笑)

ぜひ一度遊んでみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました