ボードゲームやるなら外せない!【カタン】

Board game
スポンサーリンク

みなさんは『カタン』をご存知ですか。

世界で累計販売数 3000万個を突破したドイツボードゲームの金字塔とも言える超人気ボードゲームです。世界中で親しまれており、世界大会も開催されています。

ボードゲーム好きの方には、好きなボードゲームに『カタン』をあげている方も少なくありません。

それほど多くの方の人気を集めるだけの理由は実際に遊んでみたらわかるはずです!

☑ ボードゲームを本格的に楽しみたい

☑ お正月やクリスマスなどにみんなで楽しみたい

☑ 戦略も考えたい

☑ 「交渉」など、他プレイヤーと交流があるゲームが好き

といった方におすすめです。

戦略を考えることはボードゲームの醍醐味ですが、カタンは運の要素もあるので、簡単な戦略でも十分勝算があり、初心者でも楽しめます。

もっと簡単なものから始めたい!ということであれば、『街コロ』がおすすめですので、ぜひこちらの記事を読んでみてください。⇒ボードゲーム初心者におすすめ【街コロ】

こまる
こまる

私はお正月に帰省した時に家族で遊びたくて購入しました!ボードゲームに苦手意識のある妹もドハマりして、アプリ版をダウンロードして1人で遊ぶほどでした。

スポンサーリンク

『カタン』のルール

  • プレイ人数:3~4人
  • プレイ時間:60~90分
  • 対象年齢:8歳~

このゲームはカタン島を開拓していくゲームです。
カタンの開拓者たちの目的は、資源を増やし街道や建築物を建てながら勝利ポイントを得ることです。

建築物には開拓地と都市があり、開拓地は1つにつき1ポイント、都市は1つにつき2ポイントとなっています。これ以外にもポイントカードなどもあります。

誰よりも早く10ポイント獲得し、自分のターンで勝利を宣言した人が勝ちです。

こまる
こまる

プレイ時間がやや長めなので時間を確保して遊ぶことをおすすめします。

人数が多かったり、初心者の方がいらっしゃる場合はもう少しかかる可能性もあります。

どうやって資源を得るの?

カタン公式HPより引用:https://catan.jp/guide/

上記の写真は4人プレイ時の初期の盤面です。(ちょっと見づらいですが、赤、青、黄、白の4人がプレイしている場面です。)
※カタンのゲーム盤はタイル状になっており、組み換え可能ですので飽きずに遊べます。

それぞれのタイルの交差点に建築物辺に街道を造ることができます。
自分の順番でサイコロ(2個)を振り、出た目の数字があるところに接する建築物を所有している人が、該当の資源をもらえます。

獲得した資源を使ってさらに建築物や街道を増やしていく、という流れになります。

例えば、上記の状態でサイコロを振って8が出たとします。
8は左下の〈レンガ〉と右端の〈小麦〉です。

青の人は〈レンガ〉に接した開拓地をもっていますので、〈レンガ〉の資源カードが1枚獲得できます。黄の人は〈小麦〉に接した開拓地をもっていますので、〈小麦〉の資源カードが1枚獲得できます。
赤と白の人は該当しませんのでこのターンで得られる資源はありません。

サイコロは誰が振った時でも、該当の箇所に開拓地または都市があれば資源を獲得できます。

こまる
こまる

ルールが難しいように感じた方も、一度遊んでみればそこまで難しくはないので安心してください。細かいルールは都度確認しつつ遊べますし、そもそも有名なゲームなのでYouTubeやブログなどでわかりやすく説明してくださっている方も多いです。

こんなところが魅力!

魅力①:運と戦略のバランスが良い!

サイコロの出た目で資源がもらえるのですが、そもそも開拓地がないと資源はもらえません。さらに建築物を建てるには様々な種類の資源が必要です。

☑ どの場所に自分の開拓地、都市を建設するか

で獲得できる資源は変わってきます。

また、サイコロは2個振るので、確率的に出やすい目と出にくい目があります。

☑ サイコロの目の出やすいところに開拓地、都市を建設する

ことも大切になってくるでしょう。また狙い目のポジションは相手からも狙われやすいので、スピード感や相手の出方を見ることも重要です。

このようにゲームの盤面や相手の出方に応じて戦略を考えることができるのがカタンの面白いポイントです!

とは言え、サイコロの目は運次第であり運の要素も大きく関係しますので、初心者でも十分勝算があります!

こまる
こまる

個人的にはサイコロの目に恵まれなかった(運が悪かった)時に、戦略で勝てた時が1番嬉しいです♪

運が悪くてもその場での最善を考えることで勝つことも可能なのでやりがいがあります!

魅力②:交渉があり、コミュニケーションが取れて楽しい&勉強になる!

カタンには「交渉」が可能です。

自分のターンでのみ、資源の交換の交渉が可能です。

必ずしも1枚につき1枚で交換する必要はなく、相手の状況を見ておまけを付けてもらうなど、コミュニケーションを取って自分に有利なように「交渉」することができます。

この「交渉」が難しいところでもあり、勉強になるところでもあります。

交渉上手は運に恵まれなくても上手に資源を集めて開拓を進めることができます。

こまる
こまる

私はこの「交渉」が苦手です。でも相手のことも考え、win‐winの関係を目指すにはどうすべきか考えたりすることができ、コミュニケーションの勉強になります。

魅力③:プレイマップの組み換えや拡張パックのおかげで飽きずに遊べる!

ルール説明の際に紹介しましたが、ゲーム盤はタイル状なので組み換え可能で飽きずに遊ぶことができます。

また拡張パックも販売されており、7種類ほどあるようです。

私は海が舞台の『航海者版』しかやったことがありませんが、『探検者と海賊版』『都市と騎士版』『商人と蛮族版』などがあり、新たなルールやイベントが付与されているようです。

これらについても遊ぶ機会があったらご紹介したいと思います。

こまる
こまる

拡張パックは単体では遊べないものも多いので、要チェックです。初めての人は、まずスタンダード版を購入するようにしましょう。

『航海者版』は最初の拡張パックにはおすすめと言われています。

まとめ

本格的にボードゲームを楽しみたい!といった方に私が1番におすすめしたいのが『カタン』です。

世界中で愛されていることが証明しているように、ボードゲームマニアさんも初心者さんも楽しめるボードゲームの金字塔です。

プレイ時間が60~90分ですので、お正月やクリスマス、休日に思いっきりボードゲームを楽しみたい時にはもってこいです!

ぜひご家族、ご友人、みんなで遊んでみてください。

こまる
こまる

私が初めてやったボードゲームはこの『カタン』でした。当時はボードゲームというジャンルすら知らなかったのですが、しばらくハマって友人たちと集まってひたすら遊んでいました。数年後、旦那さんから改めて『カタン』を教えてもらい、二度ハマってしまったほどです(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました