【キャプテン・リノ】子供に大人気なパーティーゲーム!ルール解説&レビュー

Board game
スポンサーリンク

子供に大人気のゲーム『キャプテン・リノ』をご紹介します。

倒してしまった人が負け!というジェンガに似た要素があり、多くの人に馴染みやすいゲームだと思います。

頭は使わず体を使うので、子供難しいゲームが苦手な方にはおすすめです。

ドキドキハラハラで盛り上がれるのでパーティゲームとしても◎です!

スポンサーリンク

『キャプテン・リノ』ってどんなゲーム?

プレイ人数:2~5人
対象年齢:5~99歳
プレイ時間5~15分

紙でできた屋根と壁で高層マンションを建設するゲームです。

1人ずつ壁カードと屋根カードを使ってマンションを積み上げていきます。

最初はなんてことないですが、高くなるほどグラグラと揺れ始め、ちょっとした振動が命取りになります!

マンションを倒さずに手持ちの屋根カードを全て出し切れるかを競うゲームです。

こまる
こまる

対象年齢は驚きの99歳までです!老若男女問わず楽しめるゲームですね。

ゲームに使う物の紹介

屋根カード 6種類 31枚
壁カード 28枚
土台 1枚
キャプテン・リノ 1人

こまる
こまる

キャプテン・リノはサイですが、説明書には「1人」と書いてあります(笑)

『キャプテン・リノ』のルール

高層マンションをみんなで建設

屋根カードをシャッフルしたら、1人5枚ずつ配ります。(2人プレイの場合は7枚)

「もっとも近日に良いことをした人」からゲームスタートです。

手番にやることはたったの2つです。

①土台(最初のプレイヤーのみ)もしくは屋根カードに描かれた形の通りに壁カードを立てる

②手札の屋根カードから1枚選び、壁カードの上に乗せる

これを繰り返しながら、どんどん高く積み上げてマンションを建設します。

最初のプレイヤーは土台に描かれた形に従い壁カードを立てます。以降のプレイヤーは屋根カードに描かれた形に従います。

勝利条件

最も早く手札の屋根カードが無くなった人の勝利です。

屋根カードが無くなる前に、誰かがマンションを倒してしまった場合倒した人の負けその他のプレイヤーで屋根カードの一番少ない人の勝ちです。

特別マークについて

順番に手番がくることを考えると、屋根カードが無くなるのは1番最初のプレイヤーですが、『特別なマーク』が描かれた屋根カードの存在により、手札の増減が変化します。

順番を逆回りにしたり、1回休みにすることで相手を邪魔したり、1度に2枚屋根カードを出せるようになったりと、ゲーム展開に影響を与えます

キャプテン・リノのマークはリノのコマをマンションに乗せなければなりません

マンションが低いときはなんてことないですが、高くなってくるとグラグラと揺れてドキドキします!

こまる
こまる

特別マークのカードは自分の次のプレイヤーに嫌がらせをするものが多いです(笑)

遊んでみた感想🐣

ジェンガの紙Ver.

という印象です!

ただ紙なので小さいお子さんでも扱いやすく、倒れても危なくないです。

ジェンガのように「机や床を傷付けるのでは?」と心配する必要もありませんし、倒れても大きな音もしません

こまる
こまる

私はジェンガが倒れた時の大きな音が苦手なので、その点『キャプテン・リノ』の方が安心して遊べます

個人的にはジェンガよりも扱いやすくて、子供と一緒に遊ぶにはとても良いと思いました!

積み上げると結構な高さになりますし、グラグラ揺れている中カードを積み上げるのは大人もドキドキハラハラします…!

ぜひ遊んでみてください🐣

コメント

タイトルとURLをコピーしました