【ビッグ・チーズ】テイスティなパーティーゲーム!ルール解説&レビュー

Board game
スポンサーリンク
テイスティなパーティーゲーム

最近ボードゲームショップでお見かけしてつい買ってしまった『ビッグ・チーズ』を紹介します。

衝動的に購入してしまったので不安だったのですが…

買って大正解でした!

ルールが簡単でプレイ時間も20分と軽めのゲームなのに、競りやダイスが組み合わさったゲームシステムがとても面白いです。

ゲーム慣れしていない人とも楽しめますし、何よりデザインがめちゃくちゃ可愛いので女の子に特におすすめです!

こまる
こまる

カードやコマが入っている缶は飾っておくだけでも可愛いです♡

スポンサーリンク

『ビッグ・チーズ』ってどんなゲーム?

プレイ人数:3~6人
対象年齢:10歳以上
プレイ時間20分

ネズミ。はい、あなたはネズミです。おなかの空いた大きなネズミ。みなさんはラットフィナンシャル株式会社の重役で、ビッグなチーズのために働いているんです。

ビッグ・チーズ(the big cheese) 外箱記載より引用

ラット・フィナンシャル株式会社の次期社長の座(と、社長のビッグ・チーズ)を狙って誰よりも多く稼ぐ!というコンセプトのゲームです。

部下ネズミを使って仕事を競り落とし、その仕事を完了することで収益(得点)を獲得します。

仕事から得られる収益は、サイコロの出目で決まるので運の要素もあり面白いです!

ゲームに使う物の紹介

◆部下ネズミ 6色×11個
◆サイコロ 20面、12面、10面、8面、6面、4面×各1個
◆仕事カード 36枚
 ◇2,4,6,8,10,12,20のカード各4枚
 ◇「ビッグ・チーズ」カード4枚
 ◇「却下」カード4枚
◆トラックカード 9枚
◆ルールカード 8枚

『ビッグ・チーズ』のルール

準備

トラックカードをつなげて得点トラックを作り、各プレイヤーは部下ネズミから1匹を得点トラックの「0」に置きます。

36枚の仕事カードをよく混ぜて山札とします。

ゲームの流れ

仕事を受注してから完了するまで、以下の流れで進みます。

①仕事を競り落とす

②「途中の仕事」から部下が帰還

③完了した仕事の処理

仕事を競り落とす

親が山札から1枚めくります。これが今回の仕事になります。

この仕事を受注するために、プレイヤー全員で競りを行います。

各プレイヤーは親から順番に時計回りで、この仕事に部下ネズミを何匹出せるか宣言します。

最もたくさんのネズミを出すと宣言した人が仕事を獲得します。

仕事を獲得したら、カードを手元に置き、宣言した数のネズミをカードの上に載せます。

「途中の仕事」から部下が帰還

部下ネズミが載った仕事を「途中の仕事」と呼びます。

この「途中の仕事」に取り掛かっている部下は、誰かが仕事を競り落とした後に1匹ずつ手元に帰ってきます。

誰かが仕事を競り落としたら、各プレイヤーは今競られた仕事以外の全ての「途中の仕事」から部下ネズミを1匹、手元に戻します。

仕事の競り→「途中の仕事」から部下が帰還→次のプレイヤーが山札をめくる→仕事の競り→「途中の仕事」から部下が帰還→…

という流れでゲームは進みます。

こまる
こまる

仕事カードの上に載っている部下ネズミは競りには使えません。

完了した仕事の処理

手元にある「途中の仕事」から部下が全員帰ってきたら直ちに完了した仕事の処理をします。

仕事カードに書かれている数に等しいサイコロを振り、出た目に応じて収益(得点)を獲得し得点トラックを進めます。

例えば「20」と書かれた仕事カードならば20面のサイコロを、「6」と書かれた仕事ならば6面のサイコロを振ります。

サイコロの目は何が出るかわかりませんが、面の多いサイコロ程、より大きな数字が狙えます。

こまる
こまる

20面のサイコロを振っても出目が「1」なら、得点は1です。

勝利条件

仕事の競りを繰り返し、1番最初に40点獲得した人の勝ちです。

特別カードについて

仕事カードの中には、「ビッグ・チーズ」と「却下」という特別カードがあります。

これらは仕事を完了したら、そのカードの能力を1回だけ使用できます。

ビッグ・チーズ:サイコロを振った時、1回まで振り直しができる
却下:今競りにかけられている気にくわない仕事を却下することができる

これらのカードは得点には結びつきませんが、ここぞというタイミングで使えると有利に働くかもしれません…!

遊んでみた感想

印象としては、「ゲームとして面白い!&デザインがめちゃくちゃ可愛い♡」です。

特に入れ物の缶はチーズの形をしていて可愛すぎます…!

ゲームとしては、競りとダイスの2つの要素が組み合わさっていて、面白さが増している気がします。

ルールは簡単でプレイ時間も20分と軽めのゲームですが、競りでのプレイヤー間でのせめぎ合いや、ダイスを振った時のドキドキ感とても盛り上がります

特に、たくさんの部下を投入して獲得した20点の仕事カードで20面のサイコロを振った時に1とか2が出ると大盛り上がりします(笑)

運の要素もあるので、最後に一発逆転も狙えてドキドキワクワクするゲームです。

ルールが簡単で6人まで遊べるのでパーティーゲームとしてもおすすめです。

ぜひ遊んでみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました